忍者ブログ
賃貸マンション・中古マンション・新築戸建 に関するお得な知識、知っておかないと損する情報が満載! 購入前から購入後まで、さまざまなノウハウを公開しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


区分所有者は管理組合員。
住民同士で協力してマンションを守っていく、マンションライフを守っていくことが大切。

いろいろな考えをもつ人が暮らすのがマンション、考え意見がある人同士で、マンションを一つの財産として守っていくためには、管理組合が不可欠といえる。

マンションでは、日常の管理業務は管理会社に業務委託する場合が多い。しかし、何年かに一度は管理組合の理事として理事会の任にも当たらなくてはならない、ので念頭に置いておく必要がある。マンションを購入して区分所有者になった瞬間に、マンションの管理組合を構成する組合員にもなる。区分所有法の第3条には「管理組合は区分所有者全員で構成する」となっている。マンションを購入すれば、否応なく区分所有者となり、管理組合員になることになる。

【加古川 一戸建て】 加古川市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


異なる条件下で2,3回現地を見るのが重要。
条件が違う日に出かけるのは、賢い現地見学と言える。雨の日と晴れの日、平日と休日とでは、道路の混み具合や電車・バスの本数などが大幅に違う、更に土地の状態なども異なってくるからである。

例えば、休日は静かだったはずの周辺環境でも、平日に行くと近くの空き地が作業場になっていて大きな騒音を出する、ということもありえる。また、さほど広くない道路なのに通り抜け道として利用されており、意外に交通量が多い場合もある。そのような地域の場合、騒音の心配だけでなく、安全面でも不安が残る。他にも、電車やバスの所要時間にも注意したい。通勤ラッシュ時は連行本数こそ多いが、過密ダイヤや交通渋滞にて平時に比べて大幅に遅れる場合もある。

条件が違う日の一つとして、雨の日の見学は、必ずしておきたい。雨の日になり、初めて水はけが悪い地域かどうかが分かるためである。雨降りなのに、側溝から雨水が溢れ出して道路を流れていたりすると、大雨のときに浸水の被害を受ける可能性を考えておいた方がよい。他にも風向きにも注意したい。近くに悪臭を出す施設がある場合、風向きの関係で現地を訪れた日には、気がつかないが、その後の入居した後に、悪臭に悩まされる場合もある。このようなことを避けるためには、少なくとも2、3回は出かけることが必要。

もし時間に余裕がある場合には、その地域を管轄する市区町村役場の都市計画の担当課を訪問してみるのもよい。

・過去に洪水などの被害が出たことがあるか。
・地盤はしっかりするのか。
・緊急時の避難広場があるか。
・将来、幹線道路などの開通計画があるか。

等の情報を事前に把握しておくことができるためである。


マンション購入、業者の所有物件なら登記簿のここを確認する

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 11  10  9  8  7  6  5  4  3 
Admin / Write
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/15 Backlinks]
最新TB
プロフィール
HN:
マンション忍者
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]